日中書法協会とは


日中書法協会は、中国では古来から変わることなく伝承されている書法が
日本では広がりをみせていないことに気付き、書道を愛する日本の方々の知識と
技法のひとつとなることを願い、漢字のルーツであります世界スタンダードな中国書法を
より多くの方々に伝える為、中国・上海万博国際書法大会にて金賞を受賞した釈光一を中心として結成、
発足となりました。



伝統を継承
本会では中国に古来から伝わる書法、特に基礎の部分が大変重要と考え、
丁寧に・怠りなく・偏りなく継承する事を主柱としています。
また、中国と日本の書文化交流を通じて、互いに啓発ならびに発展することを目指しています。



画期的な検定システム
本会の検定では、例えば “初段” の理由を明解にし、
何を学べば初段になれるのかがわかるようにシステムを構築していますので、
暗中模索で学ぶよりもはるかに時間効率が良く、上達も早くなります。